050715 020-へのリンク

 since 2003/12/1

2017・11・24:撮影 2017・11・24:撮影
今日の風物



二階の窓から

オキザリス
’いわい’第2便
         

      
              ここは何処でしょう?(68) (10月23日)
                       
11月24日:晴
夜明け前、星が瞬いていましたが、次第に雲が覆ってきて・・・。雨の予報に、まさか〜と思っていましたら西から黒い雲が近づいてきて、とうとう降り出しました。
降ったり止んだりしていましたが、昼を過ぎると西風が強まってきて白波が広がりました。

大相撲も土俵外が大荒れですね。
なんだか場外の声が大きくなって、しかも真相は闇〜?。
わざと大事にして、加計問題から目を逸らしてる〜なんてうがった話も出てきてる。
横綱の品格とか言ってるけど、そのマスコミさんはどうなのだろう。誰かにおだてられてるのかな〜?。もちろん暴力はいけないことだけど、尾に尾をつけた伝言をさらに言いふらして話が治まらなくなってしまったけど、現在版「葵の紋」どころは〜!?。
      (テレビのワイドショウの見過ぎ〜?。)

大切な証拠文書を破棄しても謝りもしないで言い張って栄転したり、忖度してないと涼しい顔してるお役人さんたち、反省はサルでも出来るって言う言葉がまた復活するのかな?。

「人間中心でいいのか」、「生き物の悲鳴が聞こえる」、自然を見下した「傲慢さ」という大きな見出しの新聞の憲法ルネサンス。

日本国憲法に環境権を定めた条文はないが、13条の幸福追求権や25条の生存権を根拠に、認められるとする学者が多いとも。
ということは、憲法を変えてまで自衛隊と書かなくっても良いのかな〜?。

第1便






第2便















11月23日:晴
昨夕帰島しました。
一面白波です。寒い〜!

’いわい’第1便


































11月17日:第2報
出発前お墓参りしました。









11月17日:晴
穏やかな朝です。〜昨日はあんなに燃えたのに♪〜という歌が浮かんで来ました。
(^^;)
けど、日の出を待っていたら次第に薄雲が広まって来ました。日曜頃には寒波襲来とか予報なので快晴は無理かも〜。

第2便で出かける予定なので、陽光は残念だけど待っておられない・・・
 (更新はまた休みます。)
























11月16日:晴
青空に白い雲のコントラストが綺麗ですが、今日は寒くってのんびり見て居られない。
山肌の紅葉もまさに見頃なれど愛でて居られない。^^;)

今日も北西の季節風、白波です。しばらく寒気とお付き合いを余儀なくされそう。
庭木の剪定を始めたのだけど海岸通りは無理なので、裏庭のコッコーの実をもぎ取りましょう
















11月15:晴
北西風が強まっていて白波です。風が冷たくなりました。
漁船も全休のようです。
レジャーボートも見えませんが、先程から注意しているのですが、タンカーとか貨物船も通過しません。大型船の航行もめっきり減りました。これでも好景気〜?。

GDP(国内総生産)が7期連続増という。輸出けん引、個人消費は減〜とも。
なんだか背筋が寒くなりました。季節風の所為〜〜!?。

目覚めてテレビを点けたら、サッカー国際親善試合をやってた。
スピーデイな動きで一瞬の見逃しも出来ないような好試合でした。相手はランキング5位
のベルギー。一瞬の隙を突かれた失点でしたが見ごたえがありました。
























11月14:晴
家内が老健施設「ゆうわ苑」に入所したので第3便で帰島しました。
デイサービスを利用したりといろいろなので家内も疲れるだろうけども、私も生活のリズムが狂ってしまいそうなので、体調管理に注意しなければと・・・・。
右耳の辺りが痛い。何故〜?。

室津の家も諸々整えたので、生活に支障がなくなって来たし、決断の時期が近づいたかな〜と思いつつ帰りました。

島に着くともう薄暗くなっています。厳しい冬の到来間近のようです。

















11月12日:晴
姉が墓参りに帰って来ました。ついでに親戚のも〜と東の墓場にもおまいりしました。
上々のお天気でした。

第3便で室津へ〜。








昨日’いわい’第2便











11月11日:晴
今日も雲ひとつなく上々の秋晴れです。
昨夜前線の通過とともに強まった北西風が遠慮しないで吹きつけてきます。けどあまり寒さは感じません。白波が和らぐ気配もします。





















11月10日:晴
雲ひとつなく上々の秋晴れです。北東の風なのに寒くない。
山惣津の紅葉が、今一番の見ごろです。

昨夕帰りました。長いこと更新してなかったのに、沢山の人がアクセスして下さってます。
がっかりさせてしまって、恐縮です。
















11月09日:晴
室津宅の二階の窓からの風景です。
’いわい’の出入りが監視?出来ます。^0^)




道の駅「上関海峡」が目の前です。↓上盛山











11月05日:晴
秋晴れの好日です。

恒例の自治会の作業も順調に終わりました。

















11月04日:晴
西風がとうとう一日中休まず吹き通しました。
依頼されていた観光案内をしたり、私も休まず?動きました。^^;)


















11月03日:晴
文化の日。
室津は「愛ランドフェア」で沢山の人出で賑わいました。私は町制施行60周年表彰を他の人たちと受賞しました。思えば40周年、50周年でもいただいたので3回連続。

子どもたちは、トランボロンや車エビ釣りで大ハシャギしてました。
祝島婦人会の皆さんはブースでコーヒー店、明るい歓声が聞こえてましたので、立ち寄って一杯いただきました。はちきれそうな笑顔がコーヒ−味をアップしてました。


















11月01日:晴
早くも11月、目が回りそう!。
’いわい’第3便で室津に行きます。

朝の様子を撮ってたら、アサギマダラが飛び込んで来ました。ビックリ〜!!!。






















2017年(平成29年)10月31日までの出来事はあしあとでご覧下さい。
 
現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

               

アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2006/08/08

〜祝島への想いを共有しませんか、コメントはメールで〜

あしあと 花の写真集 Eメール
更新2017/11/01

2016年(平成28年)
更新2016/6/18

リンク: 「祝島ホームページ」 
           おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い) 
                      祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
        いわいしま 山田農園(頑なに農耕信条、珠玉の農作物) 
         

 
実況天気図
山口の雨雲の動き(レーダー)